本名 小豆 雪之丞(あずき ゆきのじょう)
年齢  本人は、35歳のナイスガイと言い張る! 実際は、約1000歳以上と思われる。
好きな芸能人 モーニング娘
好きな食べ物 芋ようかん。人。
嫌いな食べ物 小豆。水気のないお菓子。
口癖 小豆洗おうか、人獲って、喰おうか! ショキ、ショキ!(のちの小豆界の名言である)
趣味 小豆洗い(最近は小豆洗いにあきて、インターネットにはまっている)
 
     
●経歴

年代不明/社に祭られていた小豆に霊的な力が宿り、この世に小豆 雪之丞が生まれる。ガマが小豆洗いに化けるというが、雪之丞の場合、小豆化けである。小豆洗いの中では、血筋?がいいらしい。誕生日は、睦月20日。(小豆というのは、本来、神祭り用の特別な食事でもあるのだ)

年代不明/人獲って、喰ったりし、悪さする(雪之丞、青春真っ盛り。青い空が眩しかった……)

年代不明/嫁・瑪瑙(めのう)をもらう。後宮などを作ろうとして、嫁に半殺しにあう。この後、嫁・瑪瑙は150年ほど実家に帰ることになる。

800年頃/時は平安時代。和歌や俳句をたしなむ。だいたい、字余りだった。

986年頃/源頼光が酒呑童子を退治したなど、妖怪退治がさかんになる。雪之丞も悪さが祟り、有名な法師に懲らしめられる。以後、改心し、世の中のために、占いを始める。『小豆洗い占い』の誕生である!

1100年頃/平家と源氏の合戦を見学中、雪之丞、壇ノ浦で、溺れかかる。

1543年頃/種子島に鉄砲が伝わる。雪之丞、ポルトガル人に試し撃ちされそうになる。

1580年頃/織田信長に謁見する。『あんた、ボヤ騒ぎでしぬぞぉ!』と軽くいってやったら、激怒して、殺されそうになる。雪之丞は仕返しに、信長が本能寺にいるときに、火をつけてやった。(以後、放火癖がなおらず、雪之丞、困る)

1583年頃/3度目の実家帰りから、やっと妻・瑪瑙とよりを戻す。かかあ天下が続く。おまけに、明知光秀の三日天下もあったりする。

1590年頃/千利休とお茶を楽しむ。お茶……まずかった。大茶頭・利休、恐るる足らず!

1700年頃/江戸時代/適当に過ごす。あまりに刺激がない日が続き、思わず、必殺仕事人の職につく。主水を頭に、雪之丞は小豆で仕置きをしてゆく。(小豆でどのように仕置きをしたかは、文献がなく、詳細不明)

1854年頃/黒船来航。妻・瑪瑙が、黒船に乗りたいと駄々をこね、渋々と密航。しかし、密航がばれて、国際問題に! ペルーが江戸政府に開国を要求するまでに! 雪之丞は多いに反省、妻・瑪瑙はちょこっと反省。

1860年頃/明治維新に立ち会う。文明開化じゃ!と思わず、妻・瑪瑙と一緒に叫ぶ。

1923年頃/雪之丞、関東大震災で、危うく、生き埋めになる。

1939年頃/第二次世界大戦が始る。人間達に嫌気がさし、山奥にひっこむ。

1960年頃/山奥暮らしから、ひょっこり、都会へ。雪之丞、家電製品にはまる。特に、カラーテレビがお気に入り。

1999年頃/そのうち消えてしまうだろうと思っていた、モーニング娘にはまる。

2000年/その辺の浅はかな商人みたいに、ミレニアムなどとこじつけで、小豆洗いミレニアム記念として、この占い所をひらく。

現在に至る。

 



お品書き
 
   
 
 
小豆洗いの自己紹介 占いを利用した人達の声
バナーとリンクについて 小豆占いトップ
占いランキング  
 


制作著作/どっすこい丸